青森市の中古住宅を売却※築45年経過の空き家は売れますか?

青森市にある中古住宅を売却したいと思っています。

この中古住宅は私の両親が住む実家でして、現在は空き家になっています。

兄弟のいない一人っ子である私が相続しましたが、私は結婚して市外に住んでいるため、このまま所有していたところで利用価値がないので処分することに決めたわけです。

しかしひとつ懸念がありまして、この家は私が生まれ頃にはすでに建っていたほどの古さでして、正確なところは分かりませんが、築45年以上は経っているはずです。

中古住宅の範疇に入るものの、今にも崩れそうなボロ屋なんです。

こういったあまりに古すぎる家もそのまま売却が可能なのでしょうか?それとも壊して土地だけにしないと売れないものでしょうか?
築45年が過ぎた家というのは誰もそのままで住む方はいらっしゃらないでしょう。

そうした物件を買う方のほとんどがその家を解体して新築するのを前提に買われます。

つまり家がどうこうというより土地としてどれだけ魅力があるかということが重要になります。

もちろん買われた方は解体費用もご自分で負担することになるのでその費用も込みで、厳しく値段をチェックするでしょう。

確かに言われるように更地にしてからのほうが売れやすいかもしれませんが、上記のような理由から古くて利用価値のない家が付いた土地を買う人も少なからずいらっしゃいます。

ですのでまずはそのままの状態で売ってみて様子を見てはいかがでしょうか?

適性な販売価格を知るには一社ではなく複数の不動産会社に見積もってもらうのが肝心です。

こちらのインターネットから申し込める一括査定サイトを利用されるとそれがとても簡単に出来ますのでオススメいたします。

≫≫一括査定サイトについて詳しくはこちらです≪≪

ikura_mini  
iei
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ieimidashi ieikoeman_mini ieikuchikomiwoman
 merit
 
サブコンテンツ

このページの先頭へ