神戸市で築20年の中古住宅を売るには?高く査定してもらう相見積もり

念願だった神戸市に家を建ててから20年近くが過ぎました。

高台に建つ一軒家で、窓から望む眺望の良さを気に入って買ったんですが、次第に歳をとってきて足腰も弱くなって坂を昇り降りするのが辛くなってきました。

そこでこの中古住宅をどなたかに譲りたいのですが、どういったルートで売却するのがいいのか迷っています。

1. 市内の不動産屋に相談する
2. 新聞やCMで見る大手不動産業者に電話する

どちらが安心して売ることができるでしょうか?
建てられてから20年以上が過ぎているということは、住宅自体にはもうそれほど金銭的な価値は無くなっていることは覚悟なさってください。

しかし、神戸市内で眺望の良い土地ならばニーズは少なからずあるでしょうから、ある一定以上の金額で売却することは可能だと思います。

理想的な方法は、複数の業者に相見積もりを取ることです。相見積もりとはひとつの物件をそれぞれに査定してもらい「いくらで売れそうか」を提示してもらうことです。

このような相見積もりを代行してくれるのがイエイというサイトです。

こちらで簡単な家の状況を伝えるだけで、後日、家にいながら査定結果を受け取れますよ。

≫≫相見積もりが取れるイエイの公式サイトはこちら≪≪

ikura_mini  
iei
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ieimidashi ieikoeman_mini ieikuchikomiwoman
 merit
 
サブコンテンツ

このページの先頭へ