白山市の家を売却【空き家と居住者あり】どちらが売りやすい?

白山市に建つ家を売却したいと考えています。

まだ建ててから5年も経っていない新築なんですけど、離婚することになり売却することを決めました。

現在はまだ居住中でして、希望する金額で売れるまでは住み続けていたいと考えています。

そこで質問なのですが、こうして人が住んだままの状態で売りに出すのと、引っ越しを済ませて空き家の状態にしてから売るのでは、どっちが売れやすいでしょうか?

私も妻もこの家を出てそれぞれ賃貸に移る予定なのですが、経済的な負担を考えるとギリギリまで住んでいたいというのが本音です・・・・・・

(石川県・会社員)
一般的には空き家の状態のほうが売れやすいと言われています。

居住者がいると、まだそこで生活していますから、購入希望者が見学したくても遠慮があって見たいところが見られませんよね。

そういった面で購入意欲が下がることは考えられます。

しかし、その反面、居住者がいるということは家具が置いてあるということですから、具体的に空間の利用方法など生活するイメージが湧きやすいというメリットもあります。

どちらも一長一短があり、一概にどちらがいいとは言いづらいかと思います。

「売れる・売れない」でもっと重要なのは、やはり値段設定ですね。

新築同然の家ということで出来るだけ高く売りたいと希望されているなら、複数の不動産屋に査定してもらい、希望に近い査定をしてくれた会社に販売を依頼しましょう。

⇒複数の不動産会社に査定してもらうならコチラ

ikura_mini  
iei
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ieimidashi ieikoeman_mini ieikuchikomiwoman
 merit
 
サブコンテンツ

このページの先頭へ