奥州市の一戸建てを売却※築25年の老朽化した借家を売りたい

奥州市にある一戸建てを売却する際の査定について質問があります。

この一戸建てというのは、私が15年ほど住み、その後は10年間、借家として貸し出していました。

丸10年が過ぎた今年になって、入居者が転居されてしまい、そのあとは新しい入居者が見つからずにいます。

そろそろ借家として貸し出すのは老朽化もしていますので限界かと思い、売却する方向で考えています。

そこで質問なのですが、キッチンやトイレ、壁紙、畳などの汚れが目立ち、このまま売りに出しても果たして売れるのか微妙なところです。

やはりなるべくお金はかけないまでもある程度はリフォームしてから売却したほうが良いでしょうか?
売却を希望されるその一戸建ては少なくとも築25年が過ぎているわけですよね。

一般的に建ててから20年が過ぎた家の価値は無いに等しいとされています。つまりいくら内装が綺麗だろうが価格面には反映されないということですね。

その物件の価格というのは、家以外の土地の広さや地域の地価など「土地のみ」となっているといっても過言ではありません。

ですので、リフォームはせずに売却したほうが良いという回答になります。

とはいえ、販売をお任せする不動産会社によって提示してくる査定価格というのはかなり幅があります。

そのためできるだけ多くの不動産会社に査定してもらったほうがいいのですが、その際に便利なのが不動産一括査定サイトです。

こちらで査定を依頼すると最大で6社から結果を受け取れますよ。

≫≫不動産一括査定サイトはこちらです≪≪

ikura_mini  
iei
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ieimidashi ieikoeman_mini ieikuchikomiwoman
 merit
 
サブコンテンツ

このページの先頭へ