大垣市の家を売却※築31年の一戸建てが売れない理由とは?

大垣市に持っています家を売却するつもりなのですが、なかなか売れません。

すでに築31年が過ぎている本当に古くて今にも壊れそうな家なので、覚悟はしていましたが、1年も売れないとは思いもしませんでした。

販売をお任せしている不動産屋は「もう少し待てば必ず売れますから」といいますが、不動産関係に勤めている友人にたずねたら、あと少し値段を下げないと売れないと言われました。

すでにぎりぎりの値段まで下げていまして、さらに下げると家を除いた土地のみの価格になってしまいます。

無事に買い手が見つかるには、値段を下げるという方法しかないのでしょうか?

(岐阜県・主婦)
残念ながら一般的に住宅の価値というのは築20年が過ぎたら、ほとんどゼロになってしまいます(家自体の構造など個々のケースによって一概には言えませんが)

そのため相談者さんの築31年という家は値段がつかず、土地のみの価格で売るのが通常です。

住宅情報誌に掲載されている「古屋付土地」がまさにそれに当たります。

なかなか売れないのはそういったことを考慮せず、適正とは言えない価格で販売しようとしている不動産屋に問題があると言えるでしょう。

適正な価格(買い手が見つかるレベルの適した価格)で売り出すため、もう一度、不動産会社からきちんと査定してもらい、新しくスタートを切ることをおすすめします。

その際にはこちらのイエイを利用されると便利です。

インターネット上から申し込むだけで最大で6社から家の査定をしてもらえます。

≫≫イエイの公式サイトはこちらから≪≪

ikura_mini  
iei
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ieimidashi ieikoeman_mini ieikuchikomiwoman
 merit
 
サブコンテンツ

このページの先頭へ